パークゴルフ用語
パークゴルフin北海道 Home > パークゴルフ用語
      
      


●アップヒル 上り傾斜。
●アウトオブバウンズ Out of bounds(OB)のこと。プレイ禁止区域。白杭や白線などで境界を設け、ボールがこの区域に入った場合、ペナルティが課せられる
●アドレス ボールを打つための構えのことです。スタンス(足の位置)をとったあと、ボールを打つためにクラブを後方に引き上げる(バックスイング)以前の構えをいいます。
●アルバトロス パーより3つ少ない打数でホールアウトすること。

ロングホールの第2打目がカップインするのが普通。意味は「アホウドリ」。
●アンジュレーション コース内にある起伏のこと。
●アンダーパー 18ホールの標準打数(パー)より少ない打数でホールアウトすること。
●アップダウン コース内の起伏(アンジュレーション)を表現したことば。
●アプローチ グリーンの周辺からホールを狙うショットのこと。別称:寄せ
●アンプレアブル ボールを打つことができないときにおこなう、「プレー不可能」の宣言です。

「打てないので移動する」と知らせ、2打罰を加算して、ボールが止まっている位置から、2クラブ以内でカップに近づかない場所に、置きなおすことができます。

OB以外のフェアウェーやラフで、ボールが木の上に乗ってしまったり、灌木の下に入ったり、OBの杭が障害となって、そのプレーヤーが「打てない」と判断したときに、アンプレアブルできます。

打つことが可能かどうかではなく、あくまでもそのプレーヤーの判断で宣言できます。
●イン 後半の18ホールのこと。10〜18番ホールの総称。
●イーグル パーより2つ少ない打数でホールアウトすること。

ミドルホールの第2打目、ロングホールの第3打目がカップインするのが普通。意味は「わし」。
●ウォーターハザード コース内にある海、湖、池、川、溝、排水溝、被いのない水路、及び類似した水域の総称。
●OB (オービー) アウト・オブ・バウンズを略したもので、プレーが禁止されている区域のことで、OBゾーンとOBラインの二つがあります。

ボールがOBに入ると、ペナルティ(2打罰)が課せられ、入った位置から2クラブ(クラブ2本分の距離)以内で、カップに近づかない場所にボールを置きます。

OBゾーンは、花壇や植込みなどを保護するために、コース内の一定区域を指定し、白杭で囲んでその位置が示されています。

OBラインはコース外のところを区域ではなく、線として示しています。
●OKボール グリーン上などで、カップインさせるための1打を、相手に省略させること。

マッチ・プレー(1ホールごとの勝ち負けを合計して競う方法)の場合にだけ使われるルールです。

普通のストローク・プレー(18ホールの合計打数を競うプレー)では、カップインするまで打つので、OKボールはありえません。
●オナー 各ホールで、最初にプレー(ティーショット)する権利がある人。

スタート時のオナーは、ジャンケンで決めます。次のホールからは、前のホールでもっとも成績がよかった人が、オナーとなります。競技では、オナーを譲りあったりしてはなりません。

ペナルティはありませんが、マナーとして必ず守りましょう。
●オン グリーンにボールが乗ること。
●カジユアル・ウオーター 雨が降った後などにできる、一時的な水たまりのこと。

ボールがカジュアル・ウオーターの中で止まった場合は、ペナルティなしで、カップに近寄らず水たまりにもっとも近い場所に置きなおすことができます。

湿っているだけではカジュアル・ウオーターではありませんが、スタンス時に水がしみ出すような場合はカジュアル・ウオーターとなります。
●カップ ボールを入れる穴で、ホールということもあります。

金属製で、内径20cm〜21cm、深さが8cm〜10cm以上あって、底面にボールの音を反響させる音響板がつけられています。

カップの中心に、ホール・ナンバーを記した、直径12〜25mm、高さ2〜2.5mのピン(旗)が固定されています。
●カップイン ボールの全部がカップ内に入って、完全に静止すること。

ホールインということもあります。カップインすると、そのホールが終了となります。

いったんボールがカップに入っても、飛び出した場含はカップインしたと認められません。
●ギャラリー 観衆、見物人。
●クラブ ボールを打つための用具。

木やグラスファイバーなどのシャフトに、木質のへッドをつけたもの。重量600g以下で、へッドにロフト(傾斜角度)をつけません。

公式競技には協会の認定品しか使用できません。
●グリーン (カップ周辺) 「グリーン」とは、カップを埋める区域で、特に芝生を短く刈り込んで整備し、地形はその部分だけやや高く盛ってある区域をいう。

このような独立した区域のない時は、カップ周辺という。
●グリーンバンカー グリーンの周りに配されたバンカーのこと。ガードバンカーとも言う。
●コース プレーが許されている全地域をいいます。

バンカーや池などもコースのうちです。コース外となるのはOB(プレー禁止区域)だけで、その区域はコース管理者によって決められます。
●誤球 誤って他人のボールを打つこと。2打罰が加算されます。

他人のボールは元の位置にもどし、改めて自分のボールを打ちます。

間違いの生じないように、あらかじめボールの色を変えたり、目印をつけてプレーするとよいでしょう。
●修理地 コース内の修理が必要な部分。通常は青杭で表示されている。

グリーンキーパーが作った穴などもこれに含まれる。別称アンダーリペア。
●障害物 コース上にあるさまざまな障害物で、動かせる障害物と、動かせない障害物(固定物)があります。
動かせる障害物とは、片手で簡単に移動できるもので、枯れ葉、土に食いこんでいない石、木の枝、動物のふん、虫やその死がいなどをいいます。

動かせる障害物がプレーのじゃまになった場合は、ペナルティなしで取り除くことができます。除去するときにボールが動いたら、元の位置にもどします。

動かせない障害物は、コースに設置してある人工物で、簡単に動かすことができないもの、動かされては困るものをいいます。

立木の支柱、マンホールの蓋、コース表示板、OB杭、橋脚、ネット、積み石などの固定物がこれにあたります。

動かせない障害物にボールが接した場合などは、そのままの状態で打つか、2打罰のペナルティを加えて、2クラブ以内の距離で、カップに近づかない場所に置きなおします。
●スクラッチ ハンディキャップなしで競技すること。パークゴルフではありえません。
●スタンス ボールを打つために構える足の位置のこと。

標準的には肩幅ていどの広さとし、短い距離のときはやや狭くします。また、目標の方向と身体の位置によって、スクェアスタンス、オープンスタンス、クローズスタンスの三通りの方法があります。
●ストローク ボールを打つためにクラブを動かす動作をいい、パークゴルフではボールが動いたときにストロークとして数えます。
●ストロークプレイ ある一定のホール数の打数のグロス(総合計)からハンディキャップ数を引いたもので順位を決める競技方法。


●ダウンヒル 下り傾斜。
●ダフ ミスショットでボールの手前の地面を叩くこと。「ダフる」「ダフり」などの造語もある。
●ダブルボギー 基準打数より2打多くカップインすること。
●チップイン グリーンへのアプローチショットが直接カップに入ること。
●ティー ボールを乗せる台のことで、高さ2.3cm以下に規定されています。各ホールの第1打のときだけに使用します。

ティーにボールを乗せた状態を「ティーアップ」といい、第1打を「ティショット」といいます。
●ティーアップ ティーショットの際にボールをティーぺグに乗せること。
●ティーグラウンド 各ホールのスタート地点。第1打目のボールを置ける範囲を指定してある場所です。

第1打のみ、ティーアップすることが許されています。
芝生などをいためないよう、できるだけティーアップして打ちましょう。第1打を、ティーグラウンドの決められた区域外から打つと、2打罰のぺナルティが課せられます。
●ティーショット ティーグラウンドから打つ第一打。
●トリプルボギー 基準打数より3打多くカップインすること。
●ドッグレッグ 犬の後足のように左右にわん曲しているコースのこと。
●ドロップ 規則に基づいてボールを拾い上げ、定められた地点に落とすこと。
●パー コース管理者によって決められた基準打数のことで、lホールごとに設定されています。基準打数どおりでカップインすることを「パー」といいます。
●花道 バンカーに取り囲まれたグリーンで、バンカーとバンカーの間に設けられた花道状のエリア。エプロンともいう。
●バーディ 基準打数よりl打少なくカップインすること。
●バンカー 砂場、砂でおおわれている裸地をいいます。バンカーの中にある草地の部分や、窪んだ草地(通称グラスバンカー)は、バンカーではありません。

バンカー内のボールを打ち終わったら、バンカーならしで足跡などをきれいにならします。
●ピックアップ ボールを拾うこと。
●フォアー 「球がいったよ、気を付けてね」という意味の英語。
●ピン ホールに立てる旗竿のこと。
●フェアウェイ ティグランドからグリーンまで続くしっかりと刈り込まれた芝生地帯のこと。
ラフと違いライが易しいのでショットしやすい。
●ブラインド 先まで行かないとピン(旗)が見えないホール。
●ヘッドアップ スイング中にボールから目を離し、頭を上げてしまうこと。
●ペナルティ 規則によって付加される罰打で、すべて2打罰です。

ルール違反のほか、OB、アンプレアブル(プレー不可能宣言)などにもペナルティが課せられます。
●ホール 広義ではティーからホールアウトするまでのエリアを指す。狭義ではグリーン上に設けられた穴のこと。
●ホールインワン ティーショットからの第1打でホールにボールを入れること。
●ボギー 基準打数より1打多くカップインすること。
●マーカー 競技でスコア(打数)を記人する人のことです。

スコアの記人は本来、それぞれが他人のものも記録するのですが、便宜的にその組の代表者をマーカーとすることがあります。

マーカーが記入する場合は、1ホールごとにスコアを確認し、提出前に必ず一人ひとり確認のサインをもらって、問違いのないようにします。

万一スコアを少なく間違った場合は、そのプレーヤーが失格となります。また、スコアカード提出後、間違いに気づいても訂正はできません。
●マーク ボールを一時拾い上げるときに、ボールがあった位置を示す目印です。普通、競技相手の要求によってマークし、コインや市販のマークを使います。

マークする場合は、先にボールの後ろにマークを置いてから、ボールを拾い上げます。
●マッチプレイ マッチ方式の試合のこと。1ホールごとに勝敗を決めていく。
●目玉 バンカーの砂にボールがめり込み、目のようになっている状態を指す。
●ライ ボールが止まっている位置や状態のことを指す。
例えばボールがラフの中にある場合「ライが悪い」や「ライが難しい」など表現とする。
●ラフ フェアウェイの芝とは異なり、丈の長い芝が生えている場所のこと。
●ラン ボールが着地してから転がることを指す。
●リカバリー ミスショットを挽回すること。
●ローカルルール 正式ルールとは違い、そのコースにのみ適用されるルールのこと。
●ロストボール ボールを紛失してしまうこと。
●ロフト クラブのフェース角度のこと。
●ワンオン 第1打をグリーンに乗せること。




Copyright (C)  パークゴルフin北海道  All Rights Reserved