アナタのdietを応援します

ダイエットご利用ガイド
HOME > ダイエットご利用ガイド

ダイエッターに大人気


“やせる”の意味で使っている「ダイエット」。
その語源は、ギリシャ語の「diata=生活様式」です。

つまり、本当の意味のダイエットは、「太りやすい生活そのものを改善する、規則正しい生活習慣を身につける」ということ。

健康コーポレーションが目指すダイエットも同じです。

そしてダイエットを成功させるための第一歩は、まず豆乳クッキーダイエットのことをよく知っていただくこと。そして正しく実行していただくことです。

何も難しいことはありません。

さあ、ダイエットスタートです!



豆乳クッキーダイエット

1日3食のうち、都合の良い食事を豆乳クッキーダイエットに置き換えるだけ!


朝食・昼食・夕食のうち都合のよい1食か2食を、食事と置き換えてグローバルダイエットにしてください。

置き換え以外の食事は、普段どおりの食事をバランスよくどうぞ。

ただしダイエット中ですので、食事量や食材などについては、ある程度気をつけることも大切です。


マイペースに痩せたいあなたは
普通の食事 豆乳クッキーダイエット

1日3食のうち、1食をグローバルダイエットに置き換えて、残りの2食を普通の食事にするパターンです。

初めて置き換えダイエットをする方やのんびり実行したい方、ちょっとした体重の微調整をしたい方向き。

1食のみの置き換えですので、普通の食事に関しては、カロリーや栄養バランスに気をつけましょう。


1食置き換え
無理をしないでゆっくりダイエット
オススメ置き換え順位
1
普通食 普通食 豆乳クッキーダイエット
普通食 豆乳クッキーダイエット 普通食
豆乳クッキーダイエット 普通食 普通食
なるべく早く痩せたいあなたは

2:1  実行パターンは
 あなたのライフスタイルに合わせて。
 たとえばこんな置き換え方
1食の身の置き換えで効率良くやせたい
のみを豆乳クッキーダイエットに
一番ためこみやすい夕方以降のカロリーを抑えられるので、このパターンが1食置き換えではもっとも効果的です。夕食に置き換えが可能な方は、ぜひおすすめ。
残業食を置き換えて豆乳クッキーダイエットに
 
時間帯が不規則になりがちなうえに、カロリーの高いファストフードやお菓子などですませてしまいがちな残業食を、グローバルのアイテムに。
抜きがちな朝食を豆乳クッキーダイエットに
 
時間帯が不規則になりがちなうえに、カロリーの高いファストフードやお菓子などですませてしまいがちな残業食を、グローバルのアイテムに。
なるべく早く痩せたいあなたは




Copyright (C)  ダイエットを考える 食べるダイエット All Rights Reserved