ダイエット 太らない生活

ダイエット・どうしてやせないの?
HOME > どうしてやせないの?

ビエナゼリーライブラリー

 
 痩せ方にはサイクルがあります。
 ダイエットは山あり、谷ありが普通!


ダイエットは誰でもが同じやせ方をするというわけではありませんが、目標に向けて、そして達成して、それを維持できるようになるまでが1つのサイクル。

「太らない生活」を身につけたら、ダイエットは成功といえます。

最後に維持できるようになるまでには、体重は行ったり来たり。

イライラすることもあるかもしれませんが、続けていれば、きっと目標に近づくはず。

早く目標に近づきたいあまり、無理をするのはやめましょう。



 ■ ダ イ エ ッ ト ま っ さ い 中

始めたばかりのときは、比較的ストンと体重が落ちる人が多いようです。

これは、いままでカロリーオーバーだった生活が、「ビエナゼリーライブラリー」を取り入れることで正しい摂取カロリーに改まったから。また、ウエイトオーバーが大きい人ほど、その傾向があります。

中には、しばらく変化がなく、途中から突然やせ始めたなんていう人も。

やせるにしたがって、“やせ幅”が少なくなったり、途中“停滞期”と呼ばれる減らない期間も何度かやってきます。

この時期は、焦らず続けることが大切です。
 

 ■ て く て く 調 整 期

目標に到達したら、次は「調整期」です。

実は、ここがダイエットサイクルの中ではとても重要なゾーン。

急にダイエットをやめるのではなく、2食を置換えていた人は1食に、1食の人は1日おきに・・・と、「ビエナゼリーライブラリー」の実行回数を減らしながら、体重の変化を見ます。

“せっかくやせたのに、リバウンドした”という経験がある人は、この期間のコントロールに注意してください。



 ■ 維 持 期

1日のうちに、1kg程度の増減はあるものの、「ビエナゼリーライブラリー」を取り入れなくても体重がキープできるようになったら、“太らない生活”がしっかり身に付いた証拠。

“カロリーオーバーに気をつける(腹八分目)”“3食、きちんとバランスよく食べる”“適度な運動を心がける”・・・など、身に付けたことは忘れないで!

また、「ちょっと体重が増えたかも」というときは、早めに対策を。「ビエナゼリーライブラリー」を、ときどき置換えるなど緩やかに取り入れるのもおすすめです。



 停滞期と上手に付き合おう!

ビエナゼリーライブラリー」をちゃんと実行して、運動も取り入れているのに、思うように体重が減らない時期が、ダイエット中には何度か訪れます。これが「停滞期」。

成果が表れなくて、この時期に挫折・・・・に心当たりのある方もいるのでは?

減量値が自分の体重の5%を超えるところで、人間が持つホメオタシス(生態恒常維持機能)が働き、脂肪の消費を抑えるのと同時に、筋肉量や骨量を減らし始めるといわれています。

つまり体の危機管理システムのようなものです。

このとき、体は「節約モード」に入るというわけです。

しかし、しばらくして体が「大丈夫」と判断して節約モードを解除すると、また減量を再開して、停滞期を脱出するのです。

「ダイエットの間中一度も停滞期がなかった」という人もいれば、「1ヵ月近く続いた」「スタート早々停滞期だった」という人も。

期間やタイミングは人それぞれ。体重は減っていなくても、サイズダウンしていることもあります。

焦ってさらに食事量を少なくしたり、運動量を極端に多くする必要はありません。

「無理をせず同じペースを続けること」が、停滞期脱出のコツ。

運動をしていなかった人が、基礎代謝を上げるために始めてみるのはおすすめです。




Copyright (C)  ダイエットを考える 食べるダイエット All Rights Reserved