やせない原因 やせた理由

ダイエットにダイアリーやグラフを活用!
HOME > ダイアリーやグラフを活用!

ダイエットの成功 やせる

 
 「記録」をすることも、ダイエット成功の秘訣

ダイエットで中の“あなた”を記録することで、やせない原因や、逆にやせた理由が見えてきます。

ダイエットの成功率をアップさせるために、自分のペースでつけてみてはいかがでしょう。


 ダイエットダイアリー 編 【1】
 今の自分を見つめ、成功後の自分をしっかり目標づけよう

「今の自分」を見つめる作業には、2つの目的があります。

1つめは、「なぜ太ってしまったか」をきちんと考えること。原因がわかれば、改善もしやすい―やせる第一歩を踏み出したも同然です。

2つめは、「いまの自分からどう変わりたいのか」という明確なビジョンを持つこと。「憧れのモデルの体型」を目指すもよし、「半年後の結婚式で9号のあのドレスを着る!」なんて、より具体的な目標でも○。

ただなんとなくダイエットをするよりも、ゴールを定めた方が頑張りがいもあるし、成功率のアップにもつながります。


 ダイエットダイアリー 編 【2】
 毎日食べたものを書き出すことで、やせるヒントが見えてくる!

はじめは面倒かもしれませんが、いざ日々の食事を書き出してみると、いろいろなことが分かってきます。

「意外に食べすぎていた」「栄養が偏っていた」「ドカ食い、ダラダラ食いをしていた」などなど。これらを知り、意識することで、太りやすい食習慣の改善につながります。

イヤイヤつけるのはダメですが、「いまダイエットをしている」という意識づけにもなり、モチベーションの維持に効果的です。



 ダイエットグラフ 編
 体重計を味方につけて、やせていく過程を目で楽しもう!

体重計は、あたながダイエットで頑張る姿を形にして表してくれます。日に何度も測る必要はありませんが、1日1回決まった時間に計測し、それをグラフにつけてみましょう。

ペースは人それぞれですが、グラフが右肩下がりになるにつれ、「やせていく自分」を実感できるから、ダイエットがどんどん楽しくなっていきます。

【 advice 】
こ こで紹介したものは、あくまでも目安の1つ。「これをやらないと、やせられない」というものではありません。人によっては向き不向きがありますので、「毎 日の記録は面倒」「頻繁に体重を測ると、逆にストレスになる」という方は、自分のできる範囲から始めてみましょう。ダイエットは楽しく続けないと意味がな いですからね。


 


Copyright (C)  ダイエットを考える 食べるダイエット All Rights Reserved