パークゴルフのティーショット
  
パークゴルフin北海道 Home > パークゴルフのティーショット
さあ!スタート!!

 スタート順は、前の組が歩き始めたら、1番ホールから始めます。1番ティーグラウンドには抽選棒が用意してあるところがありますが、ない場合は、ジャンケンなどでスタートの順番を決めます。

 打順が決まったら、オナー(最初の打者)は前の組がホールアウト(次のホールヘ移動)したのを確認して、ティーグラウンドから第一打(ティーショット)を打ちますが、ボールはティーグラウンドの指定範囲内のティーに置き、足はティーグラウンドの外に出してはいけません。

 区域外から打った場合は2打罰、プレーは続行。

 各ホールの第一打をティーグラウンドから打つときには必ずティーアップをしてボールを打ってください。
ラバーティでティーアップすることはティーグラウンド、芝を痛めないためです。

 ティーショットのときは、同伴者はティーグラウンドの外で静かに待ち、近寄ったりプレーヤーの前方はもちろん、後方線上(真後ろ)には絶対に立たないようにします。
 
 プレーヤーの視界に入らない所にいるのがいいですね。(斜め横後ろ)打ったボールをすぐに追いかけるのも危険ですから絶対しないで下さい。同伴者の人の打球の落下点をみてあげましょう。全員が打ち終わってからフェアーウェーに出るようにします。

 ティーショットでアドレスに入った時、ボールにクラブヘッドが触れてティから落ちたときはペナルティなしで打ち直しが出来ます。空振りは1打に数えません。(第2打以降も同じです)

 スタンス(足の位置)をとった後、バックスイングをして、「いざ!!」
「アレッ! 空振りだ!!」
馴れない時には良くあるのです。
でも心配はいりませんよ。
ボールがクラブに触れない限り打数には計算しません。

 ただし、空振りで(風圧等)動いた場合は1打となります。 2打目からも同じですよ。

 2打目以降は、カップから遠い順に打ちます。
2打目以降では、同伴者のボールが邪魔になるときは、マークしてボールを取り除いてもらうことが出来ます。

それではそれでは第1打を打ってみましょう。


 
まずグリップの種類(右利き用です)
 
@ インターロッキング・グッリプ(お薦め)

右手の小指と左手の人差し指をからめるようにします。手の小さい人や力のない人向きで全体的にもお薦め。
A オーバーラッピング・グリップ

右手を左手に合わせるように添えて握り、右手の小指を左手の人差し指に重ねるようにします。ゴルフでは一般的な握り方。
B ベースボール・グリップ 

野球のバットを握るのと同じ方法で指を重ねたり、のせたりしない方法です。慣れないうちは一番握りやすい方法でしょうが打球のコントロールが難しいのでお薦めできません。
 
握り方
@フィンガーグリップ→指で握る方法
Aセミフィンガーグリップ→指の付け根で握る方法
Bバームグリップ→手のひらで握る

ボールの位置
ティーショット ボールは左足かかとの延長線上に置きます。
ボールは低く出て、転がして進めるのに適しています。
ライナーボール ティーショットより10〜20cmほど前(ホール・ピン)側に置き、フォロースルーでのクラブは目線くらいで止めるようにします。振りぬいてしまうと打球のコントロールが定まりません。ボールはライナーとなり、キャリーの出るボールとなります。
コース上 体の中央にボールを置きます。
ラフの対応 かぶせ打ちの場合。右足の前にボールを置きます。
すくい打ち、アッパー打ちなどの場合は左足よりホール側にボールを置きます。
いずれの場合も、ラフの深さ、ホールまでの距離により変わりますので実践で覚えてください。

スタンス
基本的には肩幅くらい。遠くに飛ばしたいときなどは少し広め。一般的には狭いほうがボールコントロールはいいようです。

スイング
肩から回るように!!
遠くに飛ばす、強く打つことより、確実に芯に当てることを心がけましょう。

初めのうちは打ちやすい打ち方でプレーし、遠くに飛ばすことより正確に芯に当てる事と、真っ直ぐに飛ばす事に気をつけ、その後一つ一つ覚えて行けばいいですよ。




Copyright (C)  パークゴルフin北海道  All Rights Reserved