パークゴルフのペナルティー
パークゴルフin北海道 Home > ペナルティー

 あるがままの状態でプレーする

 同伴者がつまずいたりして、うっかり足をひっかけたり、クラブボールに当って他の競技者のボールが動いた時は、元に戻してプレーを続行しますが、自分が自分のボールにさわったり、動かしたり、足でけったりしてボールを動かした時は、たとえうっかりでも不正行為として2打罰加算となり、元の位置にボールを戻してプレーを続行します。

 カップのふちでボールが止まり、落ちかけているボールのまわりで、とんだり跳ねたりしてカップインさせたような場合、気持ちは痛いほど分りますが、ボールに直接ふれない場合でも、不当な行為としてペナルティ(2打罰)が課せられることがありますので気をつけましょう。

 また、カップのライン上のでこぼこやボールのまわりの地面を踏みつけて平らにしても2打罰です。

 空振り

 空振りをしてしまった。

 打とうとしたら空振りをしてしまった。安心して下さい。パークゴルフは初心者にやさしいんです。初心者が空振りをするのは珍しくありません。しっかりボールを見て打たなければ、ベテランでも空振りはあります。

 各ホールの第1打だけは、ティの上にボールを乗せて(ティアツプ)打ちますが、ティーショットで空振りしても、何打数めであってもボールにクラブが触れない限り、打数に計算はされません。ただし、クラブを振ったときの風圧でボールが動いた時は1打と数えます。何打数めであっても、しっかりボールを見て落ち着いて打ってください。

 ティショットでは、アドレスで球が動いても1打となりませんが、2打目からは1打となり、空振りで起こした風圧でボールが動いた場合も1打となります。

 ティは、ボールを乗せる台のことで、高さ2.3cm以下のもの。ティアップするとボールの位置が高くなり、クラブのスィートスポットにあたりやすく遠くまで飛びます。芝生などを傷めないように必ずティアップするようにしましょう。

 OB

 OB(Out of Boundsの頭文字、境界線の外という意味)
 プレイをしてはいけない区域で、白杭でその区域が示されています。ここに入れてしまった場合は、2打の罰を加えて、OBラインに入った位置から、2クラブ(クラブの長さ2本分)以内でカップに近くならない場所にボールを置いて打ちます。ティショットがOBの場合は、この時点で1+2で3打となり、次に置きなおしたボールを打つのは4打目となります。

 注意
 コース内のOBゾーンを示す白杭は上部を青色にて他のOB杭と区別しています。このOBゾーンの範囲内でボールが止まった場合はOBで2打罰になりますが、ラインを通過して、フェアウェーに出て止まったボールはセーフで、その場所からボールをを打ちます。これはプレーの進行をスムーズにする為です。

 OBかどうかの判定
 OBの境界を示す白杭がありますが、OBかどうかの境界線は、白杭のフェアウエイ側の面を結んだ線で、上方、下方まで適用されます。ボール全体がその境界線より外側に出た場合にOBとなります。逆に言えば、一部でも内側(フェアーウェー)にあるボールはOBとはなりません。セーフです。OBの線が地上の上方まで適用されると言うことは、木の上に止まったボールも、ボール全体がOBラインより外にあればOBということになります。

 OBのエリアをボールが超えて、となりのフェアウエイなどへ飛んだ場合はOBではありません。また、OBゾーンやラインを通過して、フェアーウェーに出て止まったボールはセーフです。

 OBとは、OBエリアに止まったボールの事を言います。OBはボールの位置で決まりますから、打つときの足がOBエリアにあっても問題ありません。また、OB区域内にある障害物は動かすことはできないので、スイングの邪魔になるからと言って、OB杭を抜くことはできません。

 コースに特設ティがあるときは、OBに入った位置に関係なく、特設ティから第4打として打ちます。(特設ティ=第1打がOBの場合の、指定された打ちなおし場所)

 障害物

 パークゴルフのコースは自然の中ですから、いろいろな障害物があります。くぼみに入ったり、木の枝に挟まったり、木の根の間に挟まったり、茂みの中に転がりこんでしまうことです。

 このような障害物でボールが打てないときはアンプレアブル(プレー不能)宣言をし、ボールの止まっていた所から、2クラブ以内のカップに近づかないところに置き、2打罰で打ち直なしをして下さい。アンプレアブル(プレー不能)宣言をせずに、クラブのグリップの部分やシャフト、ヘッドでボールを押し出したり引き出したりした場合は、不正打ちとみなされ、2打加算となります。最近は打球面の後ろが丸いクラブが主流なのでヘッドの後ろで打つのは、打球がコントロールできないので絶対やめて下さい。
 
 ネットなどが障害となった時は、ネットの裏側から打った場合も2打加算です。

 障害になる物を動かしたり、木の枝を折ったり、曲げたり、枝を持ってもらうなど、人の助けを借りてもペナルティが課せられます。そのまま打つか、アンプレアブル(プレー不能)を宣言してプレーを続行します。

 ボールが動かせる障害物の中、または、上にないときは、ペナルティなしで取り除くことが出来ます。

 動かせる障害物とは、片手で簡単に移動できるもので、枯れ葉、木枝、土に食い込んでいない石、紙などをいいます。動かせる障害物がプレーのじゃまになった場合は、ペナルティなしで取り除くことができます。バンカー内でも自然物やバンカーならしも動かしていいですよ。

 障害物を動かすときにボールが動いても、元の位置にもどしてプレーを続けます。(ペナルティはありません)


  
 動かせない障害物は、コースに設置してある人工物です。花や木の保護ネット、立木の支柱、OB杭、橋脚、積み石などがこれにあたります。動かせない障害物にボールが接した場合や、樹木の中にもぐり込んでしまった場合、無理をしてでもそのままの状態で打つか、2クラブ以内のカップに近づかない場所にボールを置き2打罰のペナルティを加えてプレーを続けます。
(2打罰のペナルティを加えてもこの方が賢明です。無理をしても大体は失敗します)

 バンカー

 バンカーとは、ハザードの一種で多くの場合、くぼ地で、地面から芝や土を取り去り、砂などを入れて作られた区域です。また、バンカーのふちやバンカーの中の草でおおわれた部分はバンカーの一部ではなく、バンカーの区域の限界は垂直に下方に伸びていますが上方には及びません。

 グリーン周りに作られているバンカーを、主に『ガードバンカー』と呼び、コース途中に作られているバンカーを『クロスバンカー』・『フェアウェイバンカー』・『サイドバンカー』と呼びます。バンカーに入ったボールを打つときは、ボールがくぼみや足跡で止まっていても、そのまま打たなければなりません。

 バンカーではアドレス時に、クラブのソール(底)を砂につけて打ったり、スタンスをとって足場を固めるのもかまいませんが、砂をならして打ったり、ラインをなおしたり、押しつけたり、溝を付けるなどの行為をしてはいけません。(2打罰になります)バンカーならしは、邪魔であれば取り除いてもかまいません。

 打ち終わったら砂をならしておきましょう。
バンカーで作った足跡やへこみは、必ずならしておきましょう。前のプレーヤーの深い足跡の中にボールが止まっていたら結構「ムッ」ときますよ。次のプレーヤーのためにきれいにならしておくのがエチケットですね。

 
 草を踏みつけた

 深いラフ(不整備の雑草地帯)に入り、じゃまだからと草を踏みつけたり、むしり取ったりすると2打罰となります。

 「深いラフに入ってしまった。よ〜し、出してやる!」と意気込んで打ってみたら、次もラフということがよくあります。このような時は、あせらずに、まずはフェアウェーにボールを出すことを第一に考え、欲張らず次のショットに全力をあげましょう。

 池ポチャ
 ウォーター・ハザードやカジュアル・ウォーターのときは
 ボールがウォーター・ハザード(池ポチャ)の区域内に入っても、水が乾いているときと、水の中でボールが浮いていて、そのまま打てるときはペナルティなしでプレイを続行できます。ボールが打てない場合はアンプレアブル(プレー不能)を宣言し、2打罰となり、入った地点とカップを結ぶ線の後方にボールを置きプレーを続けます。(4打目となります)

 池や川に入った地点とカップを結んだ線の後方にボールを置く場所がないとき。
入った位置から2クラブ以内の距離で、カップに近づかない場所にボールを置きプレーを続けます。

ボールが浮いている状態のときのプレイ続行はペナルティなしですがおすすめできません。深みにはまりますので出したほうが無難ですよ。

 一時的な水たまり(カジュアル・ウォーター)
 前日、または当日の雨の後でコースのあちこちに水たまりが出来ているということがあります。このようなコース内の一時的な水たまり(カジュアル・ウォーター)にボールが入ってしまった。やってみると分かりますがボールは全く飛びません。このような時は同伴者の方に了解を得て、ペナルティなしでカップに近づかない所にボールを出してプレーを続けることが出来ます。必ず同伴者の方に了解を得てくださいね。

 カップ周りのカジュアルウォーター
 グリーンでもカジュアルウォーターからの救済を受けられます。水たまりを避け、カップを見通せる、カップに近づかない最短の位置にボールを置いてプレーを続行します。

 二度打ち

 ボールを二度打ちしたときは、2打罰で止まった位置からプレーを続けます。ラフやOBゾーン近く、バンカーなどで起きることがあります。

 不正打ち

 どんな場合も2打罰加算

 不正打ちをおこなったときは、2打罰を加算し、ボールを元の位置にもどしてプレーを続行します。

 不正打ちとされる行為
 ・クラブのシャフトやへッドで、ボールを押し出すこと。
 ・クラブのヘッドでボールを引き出すこと。
 ・クラブのヘッドにボールを乗せて、すくいあげること。

 動いているボールを打った

 ボールがまだ動いているボールを止めたり、動いているボールを打つことも2打罰となります。必ず停止してから打ちましょう。


 ボールを見失った?

 OBゾーンやラフに入ったりした、ボールを見失ってしまうことがあります。何とか探したい気持ちは分るのですが、探すのに時間がかかりそう。ゲームの流れなども考慮し、後ろの組が待っている時にはパスさせてからボールを探しましょう。また、探すのはほどほどにして、紛失球の了解を得、2打罰を加算、見失ったと思われる位置から替わりのボールでプレーを続行するようにしましょう。

 第1打が紛失球となり、特設ティーがあるホールでは、別のボールを特設ティーから打ちます。(第4打目となります)OBの指定区域に入ってボールを見失った時は、OB球とします。2クラブ以内でカップに近づかないところヘ別のボールを置き、2打罰を加算してプレーを続行します。
 
 間違えて同伴者のボールを打った

 2打目以降で同じ色のボールなので打ってしまった。
 時々あるんです。この場合もペナルティで2打罰になり、誤って打ってしまった同伴者のボールを元の位置に戻し、改めて自分のボールを打ちプレーを続行します。このようなトラブルを避けるためにはいつも2,3種類のボールは用意し、同伴者と違う色のボールを使うようにしておきましょう。
 

 ボールが汚れた

 打ったボールが、汚れてしまった。
 そのボールを拾い上げて拭くと、ペナルティ(2打罰)となりますので、我慢をしてそのままプレーを続けましょう。

 次の場合はボールを拭いてもペナルティにはなりません。
・OBになったボールを、置きなおすとき。
・カジュアル・ウォーター(一時的な水たまり)に入ったボールを移動させるとき。
・ボールをマークして捨い上げたとき。

 ボールが身体にあたった

 打ったボールがほかの人に当たってしまった!!
 安全確認を怠ったり、打つ時に手元が狂うこともあります。ペナルティはありませんがまず相手の方に必ず謝りましょう。無理をして打った時や、プレーをする人の前に出た時に起こりやすいので気をつけてください。ボールが止まったところからプレーを続けます。

 自分の打ったボールが自分の身体の一部に当たった。
 痛かったのにご苦労様。泣くに泣けないペナルティの2打罰加算。残念ですがいくら痛くても2打罰です。止まった位置からプレーします。無理をするとろくな事がありません。どんな時にも無理は禁物ですね。

 ボールが割れたり、傷ついたとき

 ボールは丈夫に作られていますが、プレーは自然の中で行いますから、古くなったり乱暴に扱うと、割れる場合や、コースの中の障害物で傷がつく事があります。どちらも同伴者の了解を得て、ペナルティなしでボールを取り替えることができます。だまって拾い上げると2打罰が加算されますので注意が必要です。ボールが完全に割れた時も同伴者の了解を得て、新しいボールで元の位置から打ち直します。

 はじめは気が付きませんがボールが思った方向へ行かなくなることで気付くことがあります。いつでも替えられるようにスペアのボールは用意しておきましょう。

 打数の報告

 打数を偽り過少申告したり、罰打の報告をしなかったときは失格となります。打数の偽り申告を同伴者が合意したときは、本人及び合意者も失格となります。打数の報告は各ホールごとに同伴者同士で確認しあい、プレイ終了後に合計打数を計算して確認の後、スコアカードを提出をしましょう。(スコアカード提出後は変更できません)  

 その他

 パークゴルフでは、ルール違反や不正をしたり、OBとなった場合などのペナルティ(罰打)は、すべて2打加算です。打ったボールが同伴者のボールにあたっても、ペナルティはありません。他の人のボールは元の場所にもどし、自分のボールはそのままにして、止まった位置からプレーを続けます。

 打ったボールが同伴者のボールにあたってカップインしても、止まっていた元の場所にもどします。自分のボールがカップに入ったときは、カップインとなります。

 マーク
 ボールの2打目以降は同伴者の要求があればマークすることができます。マークするときはカップとボールを結ぶ線上で、ボールの後ろにマークを置き、ボールを拾い上げます。ボールを置くときには元の位置においてからマークを取り除きます。

 カップ周辺
 第2打以降で同伴者のボールがじゃまになった場合、マークして一時的に取り除いてもらえます。マークするときは、カップ(ホール)とボールを結ぶ線上で、ボールのすぐ後ろに目印を置いてから、ボールを取り除きます。ボールをよけてからマークするのではなく、かならずマークを先に置いて下さい。
 マークには、市販のマークやコインを用います。

 カップ(ホール)の周囲をグリーンといいます。そのグリーン上で、カップに近づいたボールが同伴者が打つのにじゃまになりそうなときは、カップ周辺2クラブ程度の距離は自発的にマークするか先にカップインすることが出来ます。

 マークしても相手のプレーの邪魔になるような場合は、許可を得て先に打つこともできます。相手のライン(ボールとカップを結ぶ線)を踏まないようにして下さい。

 
 

Copyright (C)  パークゴルフin北海道  All Rights Reserved